工場での派遣社員は正社員とどう違うの?

派遣社員と正社員は何が違うの?

同じ「社員」でも、派遣社員と正社員では働き方や給与に差があります。それは、雇用契約を結んでいる相手の違うからです。正社員は勤務先企業で面接を受け、雇用契約を結び、勤務先企業から給与を貰います。就職後は企業の勤務時間、休日など勤務先の就業規則に従う必要があります。契約社員は登録した人材派遣会社と契約しています。契約内容や給与は登録先の条件により異なり、仕事は派遣先の企業でそれぞれ就業することになります。そのため、給与や勤務時間は派遣社員と正社員では異なります。工場の契約社員の場合は時給である事が多いので月の手取りは多く感じるかもしれませんが、賞与や祝い金はない事があります。契約社員はシフトが固定されているので、就業後の予定を立てやすいというメリットもあります。

どちらの働き方が良いの?

派遣社員と正社員を選ぶ場合には、希望する働き方をはっきりさせておく必要があります。正社員で雇用されると、希望に合わない部署や仕事でも、簡単にやめることはできません。派遣社員であれば、登録している人材派遣会社に相談して、別の勤務先へ変更して貰うことができます。一方で、契約社員には契約期間を過ぎると契約更新か契約終了を勤務先から通知されます。安定した働き方を希望するなら、正社員のほうが良いかもしれません。一つの所に長く勤務するのが苦手な方や、常に新しい刺激を求めている方には、定期的に職場が変更となる契約社員が良いでしょう。また、スキルアップややりがいのある仕事をしたいと考えているなら、正社員がおすすめです。

大阪の寮費無料の派遣は、なんといっても住居費が要らないため、その分の生活費が丸々節約出来るという点がメリットです。